新高円寺の不動産店舗

大きな2本の幹線道路の交差点に面する、不動産店舗の改装計画。
・空間にコンセプトを持たせる ・ゾーン分けを行う ・情報整理がしやすい環境作り
という3点を目標に、「街の拠点」としての不動産屋像を模索した。
さほど大きくない床面積と気積を持った店舗だったため、壁で仕切るという作法をやめ、すべて家具の配置によるゾーニングを行った。
特に、カウンターについては存在感のあるデザインを意識的に行っており、店舗のアイコンになることを目指している。
背の低い家具と大きな窓のおかげで、交差点からの一体感と店舗内での視認性が確保され、床面積以上に広がりのある店舗環境となった。

竣工 : 2016年
所在地 : 東京都杉並区高円寺南
用途 : 店舗
構造 : RC造
規模 : 地上4階建の1階の一部
施工 : 山口商店(山口幸太郎)