T APARTMENT

滝野川の長屋

全6戸からなる長屋の計画である。
敷地は山の手エリア3大副都心の1つである池袋から一駅の立地に位置し、
最寄り駅周辺の利便性も高いことから、都市生活に主軸を置いている単身者向けの計画が求められた。
限られた予算と先の命題を紐解くと必然的に2階建て、6畳ワンルーム+水回りというよくあるプランニングになるのだが、
非凡な空間性を獲得するために、水回りは最小限にまとめ、2階建てとして許容されうる最大のボリュームを計画した。
また、効率的に住戸数を確保するため、住戸間口はライフスタイルを担保できる最小の寸法で設計し、
それらをより現実的なものとするため、壁式ラーメンの構造形式が選択されている。
結果的に居室部分は3.8mもの天井高を持つものとなり、余剰空間にロフトを設け、
狭小ながらも多様なライフスタイルを受け止められる住まいとなった。
建物の隙間を縫うように空けられた開口部からの光も相まり、極めて都市的なアパートメントになったと考えている。

竣工予定:2019年
所在地:東京都北区滝野川
用途:長屋
構造:RC造
規模:地上2階
面積:敷地面積 108.90㎡
延床面積 127.25㎡
敷地条件:近隣商業地域
住戸数:6戸
構造設計:ジムネ構造空間研究所(皆川宗浩)
施工:株式会社ネスト(金内健二)
写真:谷川ヒロシ(トロロスタジオ